皐月賞

お久しぶりです。まぁ見ていらっしゃる方も少ないとは思いますので、あたかもブランクなどまるでなかったかのように、サキっと更新いたします笑。

サダムパテック
フェイトフルウォー
ベルシャザール
トーセンラー
オルフェーヴル
ダノンバラード
▽オールアズワン

サダムパテック弥生賞の内容が見事。スタートしてすぐに外の馬にぶつけられる不利。終始力みながらの追走となったのはこのためでロスが大きかったにも関わらず、直線は力強く抜けだした。着差以上の完勝でスムーズならばもっと明確な力量差を示していたはずだ。府中の皐月賞は昨年東スポ杯の破格の内容からも好材料で枠順も4枠、鞍上に馬群を捌く名人岩田康誠ともなれば条件は揃ったと見る。蛇足として付け加えるとミホノブルボン皐月賞を逃げ切った時も2枠4番だった。
フェイトフルウォー。気の悪さを再三見せながらもここまで安定した成績を残してきている。敗れたレースはいずれも追い込み届かずのケースであり、スムーズな競馬さえ出来ればそう差はない。内容の良かったデビュー戦は返し馬で放馬した後で完勝。京成杯は抜けだしてソラを使ったため接戦となったがしっかりと勝利を掴んだ。まだまだ底は知れていないし未知の魅力で逆転さえ可能とみる。
ベルシャザール。前走スプリングSで2着。しかしレース振りは決してスムーズとは言えなかった。それでも勝ち馬とは僅差で交わされてからも必死に追いすがった点は評価出来る。共同通信杯でも道中の力みが直線の伸びに影響しており、折り合いが鍵となるが東京2000mだけにあまり心配していない。鞍上が重賞勝ち馬ではなくこちらを選んだ点も不気味。
トーセンラーきさらぎ賞は鞍上ミルコ・デムーロのイマジネーションが功を奏した面も大きいが、それでも直線の伸び脚は力強かった。自在性がある点も買える材料。
オルフェーヴル。なんといっても堅実な末脚が武器。キャリアを重ねて荒削りだったレース振りが改善されてきた。大外を回す競馬を期待。
以下、ダノンバラード、オールアズワンの中距離重賞勝ち馬2頭。ナカヤマナイトは前走若干恵まれた印象を持ったので軽視した。

馬連
4流し
2,11,12,14,16,18
14流し
2,11,12,16,18
BOX
02,11,12,16,18
合計5000円